Matsugishi Ladies' Clinic

スタッフからの耳より情報

ご出産レポート No.2(2021.2)

先日出産し、男の子3人、女の子7人のママになったOさん。
なかなか陣痛が強くならず、頭囲が大きめの赤ちゃんだったこともあり終盤時間がかかりましたが、静かに冷静に頑張っていらして、さすがベテランママさんでした!
コロナ禍での出産に心配もあったそうですが、「上の子とパパが手伝ってくれるので、つわりで辛かった時期や今回の入院中もとても助かっています。」とのこと。ただ下の2歳の子はママが居ないと駄目なんだそうで…。Oさんのそんなお話から御家族への愛情がたっぷり伝わってきて、とても温かい気持ちになりました。

あれから10年

3.11東日本大震災から今日で10年。
つい先日も、比較的大きな揺れの地震がありました。10年前を思い出し、「忘れちゃいけないな」と、災害への緊張感を新たにした出来事でした。
10年前のあの日、当院も、それまでに経験した事のない大きな揺れにみまわれました。
幸い丈夫な建物のため、重大な被害は免れたものの、度重なる大きな余震のため、1階ロビーへの避難を余儀なくされました。
その後当院では、震災時の経験を生かして、備蓄や避難誘導の方法などの見直しを行い対策を整えて参りました。
入院患者様のお部屋には、避難手順のご案内の他に、ヘルメット・軍手・マスクを備え付けております。入院時はまずご確認ください。
赤ちゃんの避難には、『レスキューママ』という緊急避難具を赤ちゃんのベッドに完備しています。
その他、懐中電灯や食料などの備蓄はもちろん、使い捨て哺乳瓶や、紙オムツなど赤ちゃんの必需品の備蓄もしてございます。
備えあれば憂いなしですね

ドクター紹介

当院には、昭和大学病院からたくさんのドクターが来てくれています。男性医師・女性医師のどちらも、話しやすく、親身になってくれる先生ばかりです。エコーが上手なドクターも多いので、赤ちゃんがごきげんな時はとても良い表情を見せてくれることもありますよ。(赤ちゃんのごきげんによって映りもいろいろですので、予めご了承くださいね。)

ひな祭り

3月3日はひな祭りでした。お天気も良く、ぽかぽか陽気でしたね。ひな祭りは、女の子の健やかな成長を祈る行事。ひな祭りは女の子が主役ですが、女の子・男の子すべての赤ちゃんが病気やケガをせず健やかに育つことを願っております。そんな思いを込めて、ひな祭り当日在院の赤ちゃん全員に『トレーニングマグセット』をプレゼント!(お写真は紅一点だったTさんベビー)
そして、この日のお食事は桃の花を添えた『ひな祭り特別膳』でした。

ご出産レポート No.1(2021.2)

この春小学校に上がるお兄ちゃんも、当院出産だったWさん。
お産まで時間がかかったこともあり、途中で帝王切開を望んだり、痛みを叫ぶ姿も。でも、上手にいきみながら、無事出産へ。陣痛は何人目の出産であってもやはりつらいもの。そんな時は、いつでも私たちを呼んで下さい。立ち合い分娩が中止されている今、私たちスタッフが患者さんの家族の代わりにみなさんの出産に寄り添います!Wさんからのコメントもいただいています。
『お産は、思っていたより時間がかかり、途中とてもつらかったです。そんなとき、何度も看護師さんから励まされ、様子を見た院長先生からの声かけに安心したのか、それからまもなく、ズン!と赤ちゃんが降りてきた感じ。急にいきみたくなって、2228分、3170gの元気な男の子を無事出産出来ました。パパと名前検討中ですが、しんちゃんがいいねと話しています。男の子2人になったので、兄弟仲良く助け合って、元気に育ってほしいです。将来はやりたいことに向かってどんどん進んでほしい。』
1カ月健診で元気なママとしんちゃんに会える日をスタッフ一同楽しみにしています!

試供品、お試し下さい!

当院では、妊娠初期検査の時・24週・30週・36週の妊婦健診の計4回、様々な試供品の詰め合わせをプレゼントしていて患者さんから大好評です。いずれも、妊婦さんに良いもの、役立つものを…と看護師が厳選した商品がたくさん入ったセットです。写真はその一部。中にはインスタで話題になっているスキンケア商品や看護師オススメのボディ&バスト用ケアクリームも…(試供品の種類は入れ替わりがあります)。どんなものが入っているのか、お楽しみに!!

バレンタインは絶品ガトーショコラ!

2月14日はバレンタインデー。普段は見かけないようなチョコレートが店頭に並ぶので、それを楽しみにしてる方も多いのでは…?当院のバレンタインは毎年好評な厨房スタッフお手製ガトーショコラ!こだわりの材料とレシピでしっとりと焼き上げたガトーショコラは、濃厚だけど甘さ控えめ。生クリームとイチゴを添えてお出ししました。

新生児聴覚スクリーニング検査、ご存じですか?

新生児聴覚スクリーニング検査とは早期に難聴の有無を発見するために行われる検査で、OAE(耳音響放射)と自動ABR(自動聴性脳幹反応)という2つの方法があります。当院では、自動ABR(自動聴性脳幹反応)を採用しています。この検査は赤ちゃんに電極を装着し、ある一定の音を聴かせて脳幹からの電気的反応をみる検査で、赤ちゃんには負担をかけず安全に短時間で行うことができます。

現在は全てが自己負担の検査ですが、今年4月以降は市町村によって補助が受けられるようになります。(対象の方には今後お伝えしていく予定です)
  • こちらが当院使用の検査装置です(click!)

感染対策のご紹介② <空気清浄機>

前回は殺菌灯をご紹介しました。本日は、こちらも院内の所々に設置されている『空気清浄機』をご紹介します。主に待合室や診察室などに設置していますが、待合室のような広い場所では、大型の空気清浄機を稼働させています。フィルターも定期的に交換していますから効き目もバッチリ!皆さんに安心して受診いただけるよう、換気・空気清浄機・殺菌灯の三段構えで院内の空気をキレイにしています。
  • 中待合室の大型空気清浄機(clinck!)

正面玄関に竹がある理由…

当院の正面玄関には左右に大きな竹の鉢植えがあります(ご存じでしたか?)。当院の建物の雰囲気と和の植物である竹の組み合わせを不思議に思う方もいらっしゃるようですが、実は、それには理由があるのです!日本では、竹は平安時代の頃から、その真っ直ぐに伸びる姿と地面に深くしっかり根を張って芽を出していく様子から「子宝・子孫繁栄」の象徴とされ、大変縁起の良いものとして扱われていました。当院では、そんな願いを込めて入口に竹を置いているのです。

お時間がある方は、記念撮影などいかがですか?
  • 縁起の良い竹はこちらです!(clinck!)