Matsugishi Ladies' Clinic

赤ちゃんのこと

赤ちゃんが泣いています。どうしたらよいですか?

オムツは汚れていませんか?お腹は空いていませんか?汗で服が濡れていて不快ではありませんか?お熱はありませんか?うんちは出ていますか?いろいろな要因を確認・対処しても原因が分からない時は、お電話でご相談ください。

赤ちゃんに目やにが出て気になります。

目薬の処方が必要な場合もあります。診察いたしますので、診察時間内にご来院ください。

赤ちゃんのおへそから出血しています。

おへその消毒用セットで消毒してみましょう。心配なら一度受診してください。

赤ちゃんの手足が小刻みに震える時があります。

新生児の反射の一つです。顔色や手足の色の様子をみましょう。

赤ちゃんの白目と肌が黄色いのですが、そのままでも大丈夫ですか?

母乳により黄疸が長引くこともあります。元気がなく、母乳やミルクの飲みが悪い時はご相談ください。

赤ちゃんに湿疹があるのですが、どうしたらよいですか?

沐浴の時に赤ちゃん用のソープで洗ってあげましょう。それでも良くならない時は一度受診してください。

赤ちゃんのうんちが出ない時はどうしたらよいですか?

母乳やミルクは十分足りていますか?足りているようであれば、赤ちゃん用の綿棒にオイルを染み込ませ、赤ちゃんの肛門に綿の部分を挿入し小さな円を描くようにそっと刺激してあげてください。不安でしたらご相談ください。

赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれません。

乳房トラブルがあるとおっぱいを吸うのを嫌がるもことあります。トラブルがない時は、抱っこなどしてあげて、赤ちゃんを一度落ち着かせてから授乳してみましょう。

赤ちゃんの手足が冷たいです。大丈夫でしょうか?

赤ちゃんの体温を測り36.5~37.5℃であり、おなかや背中が冷たくなければ大丈夫です。

赤ちゃんの予防接種は受けられますか?

当クリニックでは、赤ちゃんの予防接種は行っておりません。かかりつけにする小児科を見つけておくとよいでしょう。

赤ちゃんの鼻にぷつぷつがあります。

鼻皮脂(びひし)と言われる皮脂腺が大きくなったものです。赤ちゃんが成熟しているしるしです。

赤ちゃんが吐きます、病気ですか?

満腹中枢が未熟なことと食道と胃の接合部が発達途中なために、母乳やミルクを飲みすぎると、吐いてしまうことがあります。ゲップをさせ、抱っこをして様子を見てください。噴水の様に何度も吐く場合は、受診をおすすめします。

ベビーベッドは必要でしょうか?

どうしても必要なものではありません。赤ちゃんを安全な場所で寝かせることが大切なので、上のお子さまやペットがいるなど、ご心配があれば検討してみましょう。

赤ちゃんのお部屋の温度はどの位が良いですか?エアコンは使ってもいいですか?

夏なら25~28℃、冬なら18~22℃くらいが快適とされています。赤ちゃんは体温調節が上手でないので、エアコンを使用して快適な温度にしてあげてください。